ヨガ教室 マダム・フキ
電話番号:0745-70-5515

修了生の声

マダム・フキのヨガインストラクター養成講座で学んだ方の転身ストーリーを紹介します。


堀内 淳子さん(40代) ヨガインストラクター歴 6 年

お医者様や看護師さんに向けた、
病院への出張レッスンも担当。

堀内 淳子さん(40代)
ヨガインストラクター歴 6 年

 

ヨガを始めて家族の生活が健康的に。

ヨガを始めた当時の私は、子育てと実家の親の介護で精神的に参っていて、近寄りがたいオーラすら発していました。
そんなときママ友に誘われマダム・フキの体験レッスンへ。帰宅した私の雰囲気がよっぽど楽しそうに変化していたんでしょうね、主人が「ヨガってそんなにいいんだ」と逆に興味を持ち、一緒にマダム・フキの会員に。主人はヨガを始めたことで健康にめざめたのか、ランニングもするように。なんと 20 キロ近く痩せたんですよ!

一緒にヨガをやっていたからか、主人は私のインストラクター養成講座受講を快く応援してくれました。私は講座で学んだことを活かして、ランニング後の主人の体をケアしたり、家族の栄養を真面目に考えるように。養成講座に通い始めてから徐々に、食事を中心に家族の生活面も健康的になってきましたね。

 

地元を中心に週5日活動しています。

現在はマダム・フキ認定講師として、提携教室で週4 日・1 日2~3 コマのレッスンを担当。日曜はインストラクター養成講座のアシスタントもしています。
基本に忠実なマダム・フキのヨガはスタイリッシュさには欠けるかもしれませんが、一度は別の教室に移った生徒さんが「長く続けるならやっぱりココ!」と戻ってくるケースが多いんです。
本部のアットホームな雰囲気が派遣先にも伝わっているのかな、と嬉しくなりますね。

また病院で医師や看護師さん相手のヨガレッスンも行なっています。始めて5 年になるのですが、体のことを誰より知ってる方たちから「体が楽になった」「これでまた一週間のりきれます」と言われると、ヨガって本当に効果があるんだなとこの仕事に自信が持てますね。


東 久子さん(50代)

養成講座修了後に、
レンタルスタジオで教室をオープン。

東 久子さん(50代)
ヨガインストラクター歴 8 年

 

パソコン仕事からジョブチェンジ。。

私がヨガを始めたのは約 12 年前。子育てがひと段落したのと、パソコン関係の仕事をしていたので体を動かしたくて、マダム・フキ傘下教室に通い始めました。
通い始めて約 2 年目に、その教室の仲間と一緒にマダム・フキ本部でインストラクター養成講座を受講。
最初は「知識を少し高められたらいいなぁ」ぐらいの軽い気持ちだったのですが、せっかく勉強して資格を取ったのだからと、修了後にスタジオをレンタルしてヨガ教室を始めることにしました。

といっても最初は週1回、仕事の休日にレッスンしていただけで利益もほとんどありません。それでもヨガを教えるのが楽しくて、仕事を減らしながら徐々にヨガにウエイトをかけていき、3 年目にはヨガ一本で生計を立てられるようになりました。

 

人とのつながりが人生を変えた。

私のヨガ教室『ヨガスペース PURE(ピュア)』には、30 代後半から 60 代の生徒さんが通われています。
私自身が 50代なので、同年代の生徒さんは大歓迎。単なるヨガ教室ではなく、ヨガで体を動かし人とおしゃべりして、たくさん笑って家に帰る。そんな地域の方達のコミュニティのような場所になればいいなという思いで教室を運営してます。

私自身、ヨガを始めたことでたくさんの人とつながり、人生が大きく変化しました。生徒さんはもちろん、マダム・フキの勉強会で出会うインストラクターの方々との交流も刺激になっています。常にモチベーションを保つことができますし、新しい知識や技術を取り入れることがいいですね。
数年前からは自分の教室に加えてマダム・フキ提携教室でも指導を行なっていて、ほぼ毎日ヨガ漬けの生活を過ごしています。


白崎 義江さん(60代)

ヨガインストラクターは
年齢に関係なく新しい人生を切り開ける仕事。

白崎 義江さん(60代)
ヨガインストラクター歴 4 年

 

地元のシニア世代にヨガを指導。

マダム・フキ本部のいきいきヨガや高齢者施設のボランティア、また介護予防施設でヨガを指導。
肩や腰が動きづらくなった高齢の方が「楽に動くようになりました」と足取り軽く帰って行かれる姿にやりがいを感じています。

個人の教室としては、自宅近くで「やさしいヨガ」というレッスンを行ってます。
受講生は40代後半から60代が中心、私自身が今70歳なので、年配の方の体の痛みやポーズを取る時の限界を、自分の体を通じて理解できるんですね。皆さん、わきあいあいとレッスンはいつも楽しくにぎわっています。

 

ヨガで第三の人生が花開いた。

早くに亡くなった主人の仕事を引き継いで自営業をやっていたのですが、60 歳を過ぎる頃から限界を感じ、次の仕事を
探そうと考えました。
そんなとき、先輩講師からヨガインストラクター養成講座の受講を勧められたんです。

マダム・フキのヨガ教室自体には20 年近く通っていたのですが、自分が指導者になるなんて考えたことがなかったのでためらいました。
ですが「今、何かに挑戦しないと自分がダメになってしまう」と思い挑戦することに。何を覚えるにも時間がかかりましたが、先生方の受講生一人ひとりに合わせたフォローが素晴らしく、上手にモチベーションを上げていただけるので頑張れました。
なにより、年齢で区別されず歓迎してもらえるのが嬉しかったです。質問すれば優しく教えてもらえるので、すっかり甘え上手なキャラになってしまいました(笑)。

第一の人生が結婚生活、第二の人生が主人が亡くなってからの生活だとしたら、今が私の第三の人生です。ヨガインストラクターは年齢に関係なく、新しい人生を切り開ける仕事。若い方からエネルギー吸収しているからか、以前より若々しくいられます。

インストラクター養成講座 へ戻る

PAGE TOP